早稲田大学・新日本監査法人寄附講座 早稲田大学オープン教育センター設置科目【ウーマン・キャリアクリエイト講座】


ゲスト講師紹介

 
第1回 9/29 第2回 10/6 第3回 10/6 第4回 10/13 第5回 10/13
第6回 10/20 第7回 10/20 第8回 10/27 第9回 10/27 第10回 11/10
第11回 11/10 第12回 11/17 第13回 11/17 第14回 11/24 第15回 11/24  
第1回 9月30日
1.
 
オリエンテーション ―本講座のねらい アジアで活躍する若者たちを7年間取材し続ける理由
濱田真里 濱田真里
早稲田大学卒業生(『なでしこVoice』代表)
  
講座概要のページへ
プロフィール
『なでしこVoice』代表。早稲田大学教育学部社会科社会科学専修卒。学生時代に世界一周をし、その後の就職活動中に海外就職情報があまりにも少なく自らが困った経験から、大学5年次に世界で働く日本人女性のインタビューサイト『なでしこVoice』を立ち上げる。海外まで自分で足を運び、女性に直接インタビューすることをモットーとし、現在までにインタビューした人数は800人以上。大学卒業後は通信事業会社、編集事務所を経て、現在は立ち上げから7年目を迎えた『なでしこVoice』の運営を継続中。また、(株)ネオキャリアの社員として、アジアで働きたい日本人を応援するサイト『アブローダーズ』の編集長も務める。
ページのトップへ
第2回 10月7日
2.
 
転職経験を活かしてキャリアクリエイト
田中水織 田中水織
新日本有限責任監査法人シニア
  
講座概要のページへ
プロフィール
国際基督教大学教養学部卒業後、サービス業界大手に入社し、営業に従事。その後、グループ全体のグローバル戦略を推進する部署において、法務・コンプライアンス業務に従事し、社がグローバル化を進める中でのコンプライアンス体制の基盤構築を担当。2015年新日本有限責任監査法人入所。FIDS(不正対策・係争サポート)にて、贈収賄リスク対応をはじめとする、企業のコンプライアンス体制構築支援等の業務に従事。
ページのトップへ
第3回 10月7日
3.
 
キャリアを続ける秘訣 −資格&組織内異動を活かしてキャリアクリエイト
曽木貴子 曽木貴子
新日本有限責任監査法人シニアマネージャー
  
講座概要のページへ
プロフィール
1999年慶應義塾大学経済学部卒業。2000年公認会計士2次試験合格後、監査法人太田昭和センチュリー(現・新日本有限責任監査法人)に入所。国内部門に配属後、部内結婚を機に2006年に国際部門へ異動。その後、業務の専門性を追求して2013年にFIDS(不正対策・係争サポート)部門へ異動。現在、各種不正調査の計画立案、手続実施、報告書作成、調査委員会対応等の業務に従事。夫、娘2人(小1、小4)の4人家族。
ページのトップへ
第4回 10月14日
4.
 
知識を活かしたキャリア展開とは
亀崎史浦 亀崎史浦
セコム(株)知的財産部知的財産G
  
講座概要のページへ
プロフィール
2003年3月東京理科大学経営学部卒業後、セコム(株)に入社。研究開発部門である開発センターに約5年間勤務し、産休育児休暇を5年間取得し、知的財産部に復職。現在は、知的財産部にて知的財産権利化、他社特許調査など担当する。
ページのトップへ
第5回 10月14日
5.
 
女性のキャリアの作り方 −マスコミの視点からキャリアアップに必要なこととは
藤川明日香 藤川明日香
(株)日経BP社記者
  
講座概要のページへ
プロフィール
1996年東京工業大学工学部建築学科卒業。1998年に東京工業大学大学院建築学専攻修士課程修了後、日経BP社入社。『日経コンストラクション』『日経アーキテクチュア』などの建設専門誌の編集部、米国発ライフスタイル誌『REAL SIMPLE JAPAN』の編集部を経て、2008年より『日経WOMAN』編集部。2013年より副編集長。
ページのトップへ
第6回 10月21日
6.
  
就職に必要な要素 −卒業生が就職して実感したこと
星名希実 星名希実
同志社大学卒業生((株)日刊スポーツ新聞社記者)
プロフィール
兵庫県尼崎市出身。2012年同志社大学入学。同志社大学と早稲田大学の単位互換制度を利用し、2014年に学部交流学生として早稲田大学教育学部生涯教育学専修に国内留学。女性教育や高齢者教育を学びながら、他学部の授業も履修し大学3年時を早稲田大学の学生として過ごす。2016年に日刊スポーツ新聞西日本の大阪本社に入社。原稿に見出しをつけ、紙面のレイアウトを考える整理部に配属。現在は、野球を中心とするスポーツや中央競馬、宝塚歌劇団のレイアウトを担当。また競馬予想サイトの動画のナレーションも務める。

本間万里子 本間万里子
早稲田大学卒業生((株)光文社編集)
  
講座概要のページへ
プロフィール

2010年早稲田大学教育学部卒業。同年日本航空(株)(総合職)入社。2年間大阪で操縦士の飛行スケジュール作成を担当。その後異動し東京で1年間接客業務にあたる。3年間のエアライン勤務を経て、2013年4月新卒採用枠で(株)光文社入社。現在は月刊誌「CLASSY.」で編集者として勤務。

ページのトップへ
第7回 10月21日
7.
 
就職に必要な要素 ―卒業生が就職して実感したこと
松田萌花 松田萌花
早稲田大学卒業生(アサヒ飲料(株))
プロフィール
(近日公開予定)

松本如沙希 松本如沙希
早稲田大学卒業生(三菱商事(株))
  
講座概要のページへ
プロフィール

とりあえず早稲田に行きたいと思い、偶然受かった教育学部へ入学。1年時に、韓国で行われた日中韓交流イベントに参加したことをきっかけに、英語が話せる様になりたいと思い、2年後期から3年前期まで、アメリカはオレゴン州にて10ヶ月間の交換留学を経験。また、大学4年時には休学をし、東アフリカのタンザニアで半年間、現地のベンチャー企業にてインターンシップを行う。その後、2017年3月に5年生で卒業し、同年4月より、三菱商事(株)にて勤務。

ページのトップへ
第8回 10月28日
8.
 
広告業界におけるキャリア作りとは
在原遥子 在原遥子
コンテンツプロデューサー
  
講座概要のページへ
プロフィール
国際基督教大学教養学部語学科卒業。専攻は日本語学。2009年、電通に入社。人事局にて研修・新卒採用担当を経て、2012年からコンテンツビジネスを担当。映画/番組制作・商品企画など、出資を含む新規ビジネス開発に携わる。また、国内・海外のIP活用にも力を入れており、企画・監修・交渉・契約という流れ全てを行っている。プライベートでは2014年に長男を出産し、1年間の育児休業を取得。現在、旦那・息子との3人暮らし。
ページのトップへ
第9回 10月28日
9.
 
街と企業、企業と人、人と街をつなぐWEB開発とは
前紅三子 前紅三子
(株)タウンクリエーション代表取締役
  
講座概要のページへ
プロフィール
1990年広島工業大学経営工学科卒業後、丸紅(株)輸送機本部所属を経て、1997年10月(株)広交本社へ入社。運輸系グループ会社の総務部長、システム部長を経験し、2013年3月、発明名称「バスロケーションシステム」で特許第5216931号を取得。2013年6月(株)タウンクリエーションを創業し、主にBUSitバスロケーションシステム開発・運用を手掛けている。2015年3月サービスインし、2017年8月の導入実績は、バス会社18社、路線数約2100路線。月間利用者15万人以上、月間延べ人数60万人以上、月間400万PV。 2016年「DBJ女性新ビジネスプランコンペティション」女性起業事業奨励賞など受賞歴多数。
ページのトップへ
第10回 11月11日
10.
 
家族のつながりの大切さを感じるサービス展開とは
天沼幸子 天沼幸子
ファモニィ(株)代表取締役/CEO
  
講座概要のページへ
プロフィール
デンバー大学院経営学修士(MBA)を取得後帰国し、ITコンサルティング会社、シンクタンクに勤める。その後、女性が家族の中でより輝くよう、"家族の生活を豊かにするサービスを提供する"ことを理念に起業。ママにとって利用しづらかった美容室なと゛に保育スタッフを派遣し、お子様を店舗内て゛お預かりする無料保育サービス「ママトコタイム」を運営。育児がしやすい社会を目指し、新しい仕組みづくりを進めている。
ページのトップへ
第11回 11月11日
11.
 
女性研究者集団「おりゃべり」が生むアイディアとは
橋田朋子 橋田朋子
CHORDxxCODE代表/早稲田大学理工学術院基幹理工学部表現工学科准教授
  
講座概要のページへ
プロフィール
2008年東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学、博士(学際情報学)。東大 IML特任研究員、同大学情報理工学系研究科特任研究員を経て、2013年早稲田大学基幹理工学部表現工学科専任講師、現在は同大学准教授。現実世界を拡張するメディアテクノロジーの研究に従事。主な受賞歴は日本VR学会第17回論文賞、経済産業省Innovative Technologies、電子情報通信学会HC賞他。2009年よりおしゃべりを通じたモノ・コトの分析とメディアテクノロジーの研究・プロトタイプ開発を実践的に行うリサーチエンジニアリングユニットCHORDxxCODE代表。http://tomokohashida.tumblr.com
ページのトップへ
第12回 11月18日
12.
 
出版およびメディア業界におけるキャリア作りとは ―時代の変化から、自分の仕事を見つめなおす
伊藤綾 伊藤綾
(株)リクルートホールディングスサステナビリティ推進室室長
  
講座概要のページへ
プロフィール
1996年早稲田大学法学部卒業(楜澤ゼミ)。出版社勤務、専業主婦を経て、2000年(株)リクルート入社。2006年ゼクシィ首都圏版編集長。2008年出産。2010年ゼクシィ首都圏版編集長。2011年統括編集長。2015年リクルートホールディングスダイバーシティ推進部部長。2016年ソーシャルエンタープライズ推進室室長(リクルートグループのダイバーシティ及びCSRセクションを担当)。2017年より現職。
ページのトップへ
第13回 11月11日
13.
 
行政で働く姿勢とは ―女性官僚の働く現場の現状と課題
池田陽子 池田陽子
経済産業省製造産業局総務課課長補佐
  
講座概要のページへ
プロフィール
長野県出身。2007年東京大学法学部卒業、経済産業省入省(貿易経済協力局でODA政策とりまとめ、国際租税改革)。2009年からメディア・コンテンツ課(アニメ等クール・ジャパンの海外展開)、2011年から技術振興課(イノベーション政策の推進)。2013年から米国・オランダに留学(国連シンクタンクでイノベーション政策研究、20カ国でのフィールドワークを経験)。2015年から国際標準課(ロボットから温泉マークまで幅広いルール形成戦略の企画立案)、RIETIコンサルティングフェロー。2017年6月から現職。趣味はヨガ(インストラクター資格あり)。
ページのトップへ
第14回 11月25日
14.
 
これから求められる女性の働き方とは ―働く女性を取り巻く環境の変化

講座概要のページへ
ページのトップへ
第15回 1月24日
15.
 
 
 
第一線で活躍する働く女性たちによるパネルディスカッション
「女性活躍支援の取り組みなど ―多様な人材が生き生きと活躍できる企業とは」
田中咲 田中咲
イオン(株)ダイバーシティ推進室室長
プロフィール
1997年九州ジャスコ(株)(現イオン九州(株))入社。ジャスコ大村店(長崎県)に配属後、店舗にて紳士服、肌着等衣料品売場を担当した後、教育訓練部にて教育を担当。2006年、イオン(株)へ出向し、2020年グループビジョン策定プロジェクトメンバーへ。その後、ブランディングや会社との提携、広報を経て2013年7月より現職。

杉本仁美 杉本仁美
(株)りそなホールディングス人材サービス部ダイバーシティ推進室室長
プロフィール

大学卒業後、大和銀行(現りそな銀行)へ入社。営業店にて融資業務や法人営業を経験し、人事部(現人材サービス部)へ異動。女性活躍推進に係る取組みの原動力である経営直轄の諮問機関「りそなWomen’s Council」の立ち上げに関わり、自らも1期生として活動。その後、本部審査部門、営業店のオフィサー(銀行の副支店長)を経て、2016年4月より現在の人材サービス部ダイバーシティ―推進室へ。女性活躍推進施策に加え、中高年層の従業員、障がい者、LGBTなど、多様な人材が活躍できる組織作りを担っている。


根本知香 根本知香
新日本有限責任監査法人パートナー

講座概要のページへ
プロフィール

1993年3月慶應義塾大学経済学部卒業。同年10月公認会計士試験第二次試験合格後、太田昭和監査法人(現・新日本有限責任監査法人)入所。主に、国内大手消費財企業の監査業務及び内部統制構築、企業再編アドバイザリー業務に従事。2010年パートナー昇格。2016年7月より、組織内女性ネットワークWindSの責任者を務めている。

ページのトップへ