早稲田大学・新日本監査法人寄附講座 早稲田大学オープン教育センター設置科目【ウーマン・キャリアクリエイト講座】


ゲスト講師紹介

 
第1回 9/28 第2回 10/5 第3回 10/12 第4回 10/19 第5回 10/26
第6回 11/9 第7回 11/16 第8回 11/23 第9回 11/30 第10回 12/7
第11回 12/14 第12回 12/21 第13回 1/11 第14回 1/18 第15回 1/25  
第1回 9月28日
1.
 
オリエンテーション ―本講座のねらい転職経験を活かしてキャリアクリエイト

中田里織 中田里織
新日本有限責任監査法人シニアマネージャー

講座概要のページへ
プロフィール
慶応義塾大学商学部卒業。 公認会計士2次試験合格後、監査法人トーマツ(現:有限責任監査法人トーマツ)に入所。主に国内企業の監査業務に従事。 大手広告代理店の子会社で広告制作会社(当時はJASDAQ上場)に転職し、経理業務に従事。 新日本監査法人(現:新日本有限責任監査法人)に入所。主として、IT、情報・通信関連企業、複合機、デジタルカメラなどを販売する会社等の監査業務に従事。
ページのトップへ
第2回 10月5日
2.
 
女性のキャリアの作り方 ―マスコミの視点からキャリアアップに必要なこととは
矢部万紀子 矢部万紀子
いきいき(株)月刊誌『いきいき』編集長

講座概要のページへ
プロフィール
横浜国大経済学部卒業。1983年4月、朝日新聞入社。宇都宮支局、朝日新聞東京本社学芸部を経て88年アエラ編集部へ。創刊メンバーとして国内外を取材、表紙(写真家・坂田栄一郎氏)担当も。経済部を経て93年週刊朝日編集部へ。松本人志氏の連載担当に。連載は後に200万部を超える大ベストセラー『遺書』となる。アエラ、週刊朝日副編集長、アエラ編集長代理を経て、2007年書籍編集部部長。2011年3月、朝日新聞を早期退職、4月いきいき株式会社入社。シニア向け女性誌「いきいき」編集長で現在に至る。
ページのトップへ
第3回 10月12日
3.
 
研修でチャンスをつかんだ開発 ―フレッシュ感覚でヒット商品を手がける
遠藤千咲 遠藤千咲
(株)タカラトミーアーツライフ事業部企画部企画1課主任

講座概要のページへ
プロフィール
武蔵野美術大学造型学部映像学科で3DCGアニメーションを学び、卒業後2005年株式会社タカラ(当時)入社。入社一年目の新入社員向け企画開発研修で企画・提案をした、貯金が楽しくなる貯金箱「人生銀行」が商品化。45万個を出荷する大ヒット商品に。市場に貯金箱ブームを作り出した仕事が評価を受け、日経ウーマン“ウーマン・オブ・ザ・イヤー2008受賞。お客様からの「貯金が楽しくなった」という声に励まされ、「つらいことを遊びの力で楽しくしたい」という想いを持ち、実用性に遊び心をプラスした、大人も楽しめるおもちゃの企画・開発に取り組む。2011年5月イラストエッセイ「出社が楽しくなる!ごきげんお仕事術」を発売。
ページのトップへ
第4回 10月19日
4.
 
ソーシャルネットワーキングサービスとは ―インターネットサービスを広げた立役者
塚本良江 塚本良江
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)代表取締役社長

講座概要のページへ
プロフィール
早稲田大学政治経済学部、米国ダートマス大学MBA、卒業。 NTT入社。NTT-X gooカンパニー長。 マイクロソフト(現日本マイクロソフト)株式会社執行役MSN事業部長 株式会社ACCESS Vice President、メディア事業準備室長 NTTコミュニケーションズ株式会社 経営企画部マーケティングソリューション室長 NTTコミュニケーションズ株式会社 アプリケーション&コンテンツサービス部マーケティングソリューション部門長 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社 代表取締役社長
ページのトップへ
第5回 10月26日
5.
 
“やりたいこと”を仕事にキャリアップ ―専業主婦、アルバイト、編集長を経て独立
小竹貴子 小竹貴子
フードエディター(元クックパッド(株)執行役員)

講座概要のページへ
プロフィール
関西学院大学社会学部卒業。(株)博報堂アイ・スタジオでWEBディレクターを経験後、2004年泣Rイン(後のクックパッド株式会社)入社。マーケティング支援事業の柱であり、広告主とユーザーのwin-winを叶えた全く新しいレシピコンテストを生み出す。2006年編集部門長、2008年執行役。日経ウーマンオブザイヤー2011受賞。2012年、クックパッド(株)を退社、独立。 現在、いままでの経験を生かし、「料理をすることの楽しさ」を伝えることをモットーに、料理や食に取り組む企業のwebサイト構築支援および編集ディレクション業務を行う。その他、講演、キャリアセミナーなど幅広く活動。東京在住、一児の母。
ページのトップへ
第6回 11月9日
6.
 
就職に必要な要素 ―卒業生が就職して実感したこと
中島美紗央 中島美紗央
(株)リクルート

プロフィール

2007年早稲田大学法学部卒業。 大学1年生:ベンチャー企業で社長のかばん持ちインターンと新規事業立ち上げ、2年生ではキャリアデザインサークル立ち上げ、3年生では『株美人』を友人ら6人と金融ジャーナリストと共同執筆、4年生では彼氏と東南アジアをバックパッカーで周遊、昨年8年の交際を経て結婚。 2007年新卒で(株)リクルート入社、住宅カンパニー営業配属。 通期新人特別賞、3年間の営業を経て、全社人事の新卒採用グループに異動。 新卒採用リーダーとして採用力強化を担当。 現在は全社新卒採用と住まいカンパニー中途採用を兼務。


照屋朋子 照屋朋子
NGOユイマール

講座概要のページへ
プロフィール

2007年早稲田大学法学部国際関係コース卒業。 高校時代にボランティア活動を開始。大学2,3年次にALSA(The Asian Law Students Assosiation)早稲大学支部代表を務めた。アメリカ、トルコ、タイ等で開催された国際会議に日本代表として6回出席。 2007年4月上智大学法科大学院入学。直後、モンゴルの孤児院倒産の連絡を受け、大学院を休学しNGOを立ち上げる。モンゴル渡航は20回を超える。 2011年世界経済フォーラム(ダボス会議)が選ぶ日本の20・30代の若手リーダー30人に選ばれる。

ページのトップへ
第7回 11月16日
7.
 
日本最大級の通販サイトZOZOTOWNを事業化 ―急成長の立役者の手腕とは
大石亜紀子 大石亜紀子
(株)スタートトゥデイ取締役

講座概要のページへ
プロフィール
2002年5月スタートトゥデイ入社。入社後、アパレルブランド新規営業を担当し、2004年のZOZOTOWNの新規出店立ち上げを担当。2007年6月取締役就任。2007年7月、EC事業本部本部長として約100店舗の立ち上げに携わる。その後、物流事業を担うフルフィルメント本部の担当取締役を経て、現在は人事・総務の機能を担う想像戦略室、広報・秘書を担う社長室、カスタマーサポートを担うホスピタリティ本部、デザイン室を担当。
ページのトップへ
第8回 11月23日
8.
 
未来の介護に向けて事業展開 ―尿検知シートとは
宇井吉美 宇井吉美
aba(株)代表取締役兼CEO

講座概要のページへ
プロフィール
在学中に医療現場、介護現場を支援するための機器、ロボット開発を目的とした学生プロジェクトabaを設立。 在学中に製品化の目処が立ち、自らビジネス化することを決意、学生プロジェクトを法人化する。 またその事業性、将来性が認められ、2011年10月に行われた千葉ビジネスコンテスト学生部門でグランプリを受賞。 ついで日本政策投資銀行主催で行われた女性新ビジネスプランコンペティションにおいて、ファイナリストとなる。
ページのトップへ
第9回 11月30日
9.
 
キャリアを続ける秘訣 ―資格を活かしてキャリアクリエイト
廣瀬美智代 廣瀬美智代
新日本有限責任監査法人シニアマネージャー

講座概要のページへ
プロフィール
1992年早稲田大学商学部卒業。大学4年時に公認会計士2次試験に合格、太田昭和監査法人(現:新日本有限責任監査法人)に入所(卒業までの半年は非常勤)。 1995年公認会計士3次試験に合格、公認会計士登録。2010年シニアマネージャー昇格。 主に国内事業会社の監査業務に従事。業種は、IT、自動車、製紙、ホテル、空輸等。 高校生、中学生の娘2人(それぞれ1年ずつ育休を取得) リフレッシュメントは、海外旅行、ゴルフ、娘たちの笑顔、おいしいもの!
ページのトップへ
第10回 12月7日
10.
 
 
ヒット商品を開発 ―ミネラルウォーター“い・ろ・は・す”のマーケティング戦略とは
小林麻美 小林麻美
日本コカ・コーラ(株)マーケティング本部ウォーターカテゴリーウォーターグループマネジャー

講座概要のページへ
プロフィール
2000年日本コカ・コーラ(株)入社、自動販売機部門に配属。2002年に西日本エリアのマーケティング活動などをサポートする部門に配属となり、福岡に赴任。その後、東京本社で自動販売機部門でマーケティングなどを担当。夫の転勤に伴い2004年に同社を退職し、2005年より大手情報サービス会社に勤務。2007年に日本コカ・コーラ(株)再入社、マーケティング本部ウォーターカテゴリーに配属される。2008年の導入準備開始時より、2009年5月に導入した新ブランドい・ろ・は・す(I LOHAS)を担当、現在に至る。
ページのトップへ
第11回 12月14日
11.
 
ビジネスによる国際貢献を実現 ―日本初『エシカル・ジュエリー』とは
白木夏子 白木夏子
HASUNA(株)代表取締役兼チーフデザイナー

講座概要のページへ
プロフィール
2002年から英ロンドン大学キングスカレッジにて発展途上国の開発について学ぶ。 卒業後は国連人口基金ベトナム・ハノイ事務所とアジア開発銀行研究所にてインターンを経験し、投資ファンド事業会社勤務を経て、2009年4月にHASUNA Co.,Ltd.を設立。エシカルなジュエリーブランドを中心として事業を展開中。 日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2011キャリアクリエイト部門受賞。 2011年世界経済フォーラム(ダボス会議)が選ぶ日本の若手リーダー30人に選出。 2011年AERA「日本を立て直す100人」に選出。 2012年Japan Venture Awards 中小機構理事長賞受賞。
ページのトップへ
第12回 12月21日
12.
 
持続可能な農業を目指して ―ベジプロバイダー事業とは
加藤百合子 加藤百合子
(株)エムスクエア・ラボ代表取締役

講座概要のページへ
プロフィール
環境問題に興味を持ち東大農学部へ進学。農業システムの研究に携わ り、英国クランフィールド大学で修士号取得、その後米国でNASAのプロジェクトに参 画。2000年帰国し、結婚を機に産業用機械の研究開発に従事。研究開発リーダーを務 めたものの、子育てを通じて社会問題解決への意欲が再燃。農業の社会性の高さに改 めて気付き、2009年エムスクエア・ラボを設立。2年度にわたる静岡県委託農業支援 事業を経て、現在、同県食の農が支える豊かな暮らしづくり審議会、新成長戦略研究 評価会委員、農水省ボランタリープランナー、そして、2児の母。
ページのトップへ
第13回 1月11日
13.
 
行政で働く姿勢とは ―ダイバーシティ推進の取り組みについて
坂本里和 坂本里和
経済産業省経済産業政策局経済社会政策室企画調査官

講座概要のページへ
プロフィール
1995年東京大学法学部卒業。98年から2年間、行政官長期在外研究員として、米国のハーバード法科大学院及びスタンフォード法科大学院にて、独禁法、知的財産法等を学ぶ。帰国後、繊維の通商問題、商品先物取引所法の改正、貿易保険、情報公開、ISO・JIS認証政策、調査統計の企画立案等を担当。2011年6月より現職にて「子ども・子育て新システム」の検討、男女共同参画等に取り組む。「企業活力とダイバーシティ推進に関する研究会」を立ち上げ、2012年3月1日に同研究会の報告書「ダイバーシティと女性活躍の推進〜グローバル化時代の人材戦略〜」を公表。
ページのトップへ
第14回 1月18日
14.
 
これから求められる女性の働き方とは ―働く女性を取り巻く環境の変化

講座概要のページへ
ページのトップへ
第15回 1月25日
15.
 
 
 
第一線で活躍する働く女性たちによるパネルディスカッション「女性活躍支援の取り組みなど ―多様な人材が生き生きと活躍できる企業とは」
小谷美樹 小谷美樹
(株)リコー人事本部人事部ダイバーシティ推進グループリーダー
プロフィール
1985年東京外国語大学卒業、同年株式会社リコー入社。人事本部配属。国際教育、人事制度(資格制度等)等の業務を担当。1991年から2年余り、米国の関連会社リコー・アメリカズコーポレーション(本社:ニュージャージー州)にて勤務。駐在員人事総務業務を担当。1994年帰国後、本社およびカメラ事業部門で人事業務を担当。2001年より人事本部にて、海外人事、能力開発等の業務を担当すると共に、男女共同参画推進、ダイバーシティ推進を兼務。2009年7月より現職。 趣味は写真撮影など。

江木忍 江木忍
カルビー(株)人事総務本部人材開発部部長兼ダイバーシティ委員会委員長

プロフィール

1990年カルビー株式会社入社。商品企画業務に携わる。2005年よりCRMグループコントローラーとして消費者対応部門を統括。2010年よりマーケティング本部シニアマネジャーとしてかっぱえびせん等のロングセラーブランド及び新規カテゴリー部門を担当。2012年より現職。


伊藤志保 伊藤志保
新日本有限責任監査法人シニアパートナー

講座概要のページへ
プロフィール

1987年一橋大学商学部卒業後、東洋信託銀行(現:三菱UFJ信託銀行)入行。資金証券部に配属、後に総合企画部に異動。1990年同行退社し、1991年に公認会計士2次試験合格、中央新光監査法人(後のみすず監査法人)に入所。国内事業会社の監査を担当。2000年に金融部が発足し、同部に異動。同部発足当初は、銀行・証券・資産運用業等広く金融関連の監査に従事したが、その後、主に資産運用業にかかる監査等保証業務に特化。2007年にみすず監査法人が解散し、新日本監査法人(現:新日本有限責任監査法人)金融部に移籍。現在に至る。日本公認会計士協会では、投信・投資顧問専門部会等の業種別委員会に委員として参加。

ページのトップへ