早稲田大学・新日本監査法人寄附講座 早稲田大学オープン教育センター設置科目【ウーマン・キャリアクリエイト講座】


ゲスト講師紹介

 
第1回 10/2 第2回 10/9 第3回 10/16 第4回 10/23 第5回 10/30
第6回 11/13 第7回 11/20 第8回 11/27 第9回 12/4 第10回 12/11
第11回 12/18 第12回 1/8 第13回 1/15 第15回 1/29  
10月2日 富田千寿子 新日アーンストアンドヤング税理士法人パートナー
プロフィール
一橋大学卒業。英国を拠点とする電気通信会社での4年半の勤務を経て、2007年3月に現在の新日本アーンストアンドヤング税理士法人に入所。前職では、タックスディレクターとして、様々な税務実務に従事するとともに、グローバルタックス及びリーガルグループと共に世界的なリストラクチャリング(組織再編成)業務に深く携わる。1990年から2002年までは、新日本アーンストアンドヤング税理士法人にて、多国籍企業に対して、様々な国際税務アドバイス及びコンプライアンス業務に従事。多国籍企業に対する税務アドバイスにつき豊富な経験をもつ。
ページのトップへ
10月9日 白河桃子さん  ジャーナリスト&ライター
プロフィール
東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。女性たちの年代別ライフスタイル、未婚晩婚、少子化、女性のインタビューがテーマ.「日経ビジネスアソシエ」、「プレジデント」「日経ビジネスオンライン」他「ジンジャー」「シュシュ」など女性誌にも連載、執筆している。山田昌弘中央大学教授とともに「婚活(結婚活動)」を提唱し、共著の「婚活時代」(ディスカバー21)が17万部のヒットに。「婚活」は2008年度流行語大賞にノミネートされるほど世の中に影響力を持つワードとなる。
ページのトップへ
10月16日 遠藤千咲 潟^カラトミー 新規事業本部 新規開発グループ
プロフィール
武蔵野美術大学造型学部映像学科で3DCGアニメーションを学び、卒業後2005年株式会社タカラ(当時)入社。入社一年目の新入社員向け企画開発研修で企画・提案をした、貯金が楽しくなる貯金箱「人生銀行」が商品化。45万個を出荷する大ヒット商品に。市場に貯金箱ブームを作り出した「人生銀行」の仕事が評価を受ける。お客様からの「貯金が楽しくなった」という声に励まされ、「つらいことを遊びの力で楽しくしたい」という想いを持ち、日々おもちゃの企画・開発に取り組む。
ページのトップへ
10月23日 岡田圭子 シャープ梶@健康・環境システム事業本部調理システム事業部長
プロフィール
1978年 京都市立芸術大学工業デザイン科卒業。同年シャープ入社。総合デザインセンター配属。1981年 空調機器事業部で商品企画を担当、1985年に設立された生活ソフトセンターで生活者視点に立った横断的企画を担当。2007年10月 調理システム事業部副事業部長。2008年9月 調理システム事業部事業部長 就任。 夫、長女の3人家族。
ページのトップへ
10月30日 石黒不二代 ネットイヤーグループ且ミ長
プロフィール
名古屋大学経済学部経営学科卒業。スタンフォード大学ビジネススクールMBA。卒業後、米国シリコンバレーでコンサルティング会社を起業、1999年にネットイヤーグループ株式会社に参画、2000年から現職。事業戦略とマーケティングなどの専門性を生かし同社のリーダーとして会社の成長を支える。同社は2008年3月に東京証券取引所マザーズに上場。前職のコンサルティング会社では、米国人パートナーとともに会社代表として新規事業の開発や日米間の技術移転、M&Aに従事。シリコンバレーと日本のスタートアップやベンチャーキャピタルに広い人脈を持つ。
ページのトップへ
大竹麻衣子 名古屋鉄道兜s動産事業本部 
プロフィール
東京都出身。早稲田大学教育学部教育学科卒業後、2001年4月、東日本旅客鉄道株式会社入社。上野駅窓口での切符販売や山手線車掌などの現場職務を経て、2004年9月より東京支社営業部へ配属。主に鉄道分野でのsuica利用促進に携わる。私生活では2005年から一人暮らしを始め、東京OL生活を満喫。1年間の遠距離恋愛(東京〜名古屋)の後、2008年4月結婚。まさかの寿退社の末、名古屋へ転居。2008年6月1日より名古屋鉄道株式会社入社。濃厚な名古屋文化・東海圏文化に戸惑いつつも新婚生活と仕事を両立すべく奮闘中。
正木寛子 潟xネッセコーポレーション 小学生商品開発部チャレンジ5年生
プロフィール

小学校卒業までを大阪で過ごし、中学以降は東京育ち。大学卒業後、平成13年4月、(株)東京海上火災損害保険に入社。同年10月に予備校に転職。平成16年4月より(株)ベネッセコーポレーションに2度目の転職。転職後は小学生向けの通信教材「進研ゼミ」の編集のほか、モバイル・WEBの学習ゲームコンテンツの開発にも携わり、子どものやる気を引き出す究極の教材を日々模索中。現在は小学5年生講座の副編集長として、講座の新企画立案や編集室メンバーの育成に追われる毎日。早稲田大学教育学部教育学科卒業。矢口徹也研究室ゼミ生。潟xネッセコーポレーション入社。小学生商品開発部チャレンジ5年生。

ページのトップへ
11月20日 杉山ちなみ アスレティックトレーナー/潟潟{ンプロジェクト代表取締役社長/NPO法人熱海人倶楽部代表理事
プロフィール
アイオワ大学エクササイズサイエンス学部卒業(B.S.)バージニア大学大学院修了(M.Ed)企業チーム専属トレーナーを経て、2000年よりフリーアスレティックトレーナーとして活動。2002年より、アジア大会およびオリンピックに計4回、JOC本部メディカルスタッフとして帯同。日本体育協会アスレティックトレーナー部会員としてトレーナーの育成活動や、“ストレッチング(監訳、ナップ)”“慢性疾患を有する人への運動指導テキスト(監訳、ナップ)”など、健康・医療関連洋書の翻訳も行っている。東京工業大学大学院博士課程在籍中。
ページのトップへ
11月27日 片倉正美 新日本有限責任監査法人パートナー
プロフィール
1991年明治大学経営学部卒業。同年、公認会計士二次試験に合格し、太田昭和監査法人(現、新日本有限監査法人)入所。製造業を中心とした法定監査経験後、公開支援業務を通じたオーナー企業の事業承継、資本政策に従事。2005年より2年間、経済産業省商務情報政策局にてITの利活用促進支援政策に課長補佐として携わる。現在はMNC(マルチナショナルクライアント)部にて米国SEC登録企業の監査に従事するとともに、国際会計基準(IFRS)の導入支援業務を担当。女性ネットワーク団体であるJ-WINの活動に参加し、女性支援活動にも取り組んでいる。
ページのトップへ
12月4日 小林重予 造形作家
プロフィール
札幌在住。文化女子大学金属工芸科卒業。インドネシアに滞在し、国立芸術大学やマス村にて木彫を学ぶ。植物の神秘的な営みに自身の感情を重ね、物語性豊かな立体作品を国内外で発表。今年は、詩人と「鬼のいる庭」を出版・個展「物語る庭」(北海道立文学館)・2人で1枚の葉書が行き交う「往来葉書」の普及(逓信博物館)・舞台衣装なども手がけた。土地の特色を生かした野外公共作品は、越後妻有アートトリエンナーレ・プロムナード荻窪・札幌ドーム・摩周厚生病院・等がある。
ページのトップへ
12月11日 漆紫穂子 品川女子学院校長
プロフィール
早稲田大学国語国文学専攻科修了。他校の国語教師を経て品川女子学院の校長を務める。 平成元年からの総合的学校改革により、7年間で入学希望者数が60倍に。現在は「28プロジェクト〜28歳になったときに社会で活躍する女性の育成」を目指し、従来の学校の役割を超えた生徒と社会を結ぶ学校作りを実践している。著書に『女の子が幸せになる子育て―未来を生き抜く力を与えたい』かんき出版 がある。ブログ『校長日記』執筆中。
ページのトップへ
12月18日 山口絵理子 潟}ザーハウス社長兼デザイナー
プロフィール
慶應義塾大学総合政策学部卒業。ワシントン国際機関でのインターンを経てバングラデシュBRAC大学院開発学部修士課程入学。現地での2年間の滞在中日本大手商社のダッカ事務所にて研修生を勤めながら夜間の大学院に通う。2年後、帰国し「途上国からブランドをつくる」をミッションとして株式会社マザーハウスを設立。現在バングラデシュ、ネパール、インドでバッグや服飾雑貨をデザイン・生産を行い、日本の東京を始め、福岡、大阪など6店舗で直営店及び卸先での販売を展開。全日本女子柔道ジュニアオリンピック48kg以下級第7位。Young Global Leader (YGL)2008選出。
ページのトップへ
1月8日 関幸子 財団法人まちみらい千代田専門調査員
プロフィール
1980年法政大学卒業、三鷹市役所に入庁。1994年三鷹市生活文化部経済化主査。1998年中心市街地地域活性化法に基づくまちづくり機関「鰍ワちづくり三鷹」に出向し、TMOマネージャーとして「三鷹産業プラザ」の建設の立ち上など、SOHOおよび都市型産業の集積と育成を中心に新たな産業構造に取り組む。2007年に三鷹市役所を退所し、財団法人まちみらい千代田の専門調査員として、秋葉原地域の活性化のための事業を展開するまちづくり会社「秋葉原タウンマネジメント梶vの設立に従事し、現在は同社の専務取締役。
ページのトップへ
1月15日 星野寛美 独立行政法人労働者健康福祉機構 関東労災病院産婦人科医師
プロフィール
1988年横浜市立大学卒業、京都大学医学部婦人科産科学教室にて研修。1989年夏山病院産婦人科勤務、岸和田市立岸和田市民病院産婦人科勤務。1990年国立病院医療センター(現国立国際医療センター戸山病院)レジデント、1993年関東労災病院産婦人科勤務。2001年女性医師による働く女性専門外来担当。女性と仕事の未来館運営協議会委員。NPO環の会(妊娠・出産・育児の相談に応じ、乳幼児の養子縁組の仲介などを行なう第2種社会福祉事業)理事。
ページのトップへ
1月29日 神元佳子 キリンホールディングス人事総務部多様性推進担当リーダー
プロフィール
福岡県北九州市生まれ。1990年キリンビール鰍ヨ入社。九州支社へ配属され福岡市内の酒販店、飲食店への営業担当となる。1997年に同中国支社(広島)へ異動し、企画部門を担当した後、流通小売企業を担当。その間、経営職(管理職)となり得意先との酒類売場作りの協働取組などを経て2006年広島流通部長として広島県の小売業担当部署のマネージャーとなる。2008年に本社へ異動。キリンホールディングス叶l事総務部多様性推進プロジェクトリーダーとなり、女性活躍推進と研修企画運営業務に携わっている。
桑原靖子蟹NAX経営管理本部人事・総務部「EPOCH女性活用推進室」室長
プロフィール

1990年(株)INAXにショールームアドバイザーとして入社。新コンセプトショールーム立ち上げや、お客様相談センターなどにも携わる。98年10月新規事業のプロジェクト参画を命ぜられ営業部門に異動。プロジェクトが組織化されその部門のタイル営業担当に。02年広告宣伝部ショールーム企画運営推進室に異動。ショールームの企画設立担当となる。04年兼任で、女性活躍推進プロジェクト、人事改革プロジェクトに参画。2005年10月より現職.

鹿島かおる 新日本有限責任監査法人シニアパートナー
プロフィール

1981年一橋大学商学部卒業。同年公認会計士二次試験に合格し、昭和監査法人(現新日本有限責任監査法人)に入社。上場会社の法定監査を中心として、公開支援業務、内部統制構築支援業務、デューデリジェンス等さまざまな業務を経験。1996年社員昇格、2002年代表社員昇格。公認会計士としての業務を続けながら、所属部門の人事担当を経て、2006年からは法人全体の人事を担当。女性のための制度制定と仕組作りに取り組む。

ページのトップへ